トップページ>乳酸菌で便秘を改善できる!?

乳酸菌について 乳酸菌と便秘改善のメカニズム

乳酸菌について

乳酸菌が腸の健康を守ってくれる?

乳酸菌とは、炭水化物といった糖類などを分解して、
乳酸をつくる細菌の総称です。腸内に生きたままやってきて、
たくさんの乳酸をつくることで腸の運動を活発化させてくれます。
さらには、腸内を酸性に保ちながら善玉菌を育て、
悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を整えてくれるのです。
また、栄養分の消化と吸収を促し、
免疫細胞を活性化させる作用もあると言われています。
腸内の健康をサポートしてくれる大切な菌、それが乳酸菌なのです。

乳酸菌はカラダにうれしい善玉菌!

人の腸に存在すると言われる腸内細菌の数は、100種100兆個以上!
それらを大きく分けると3つ。カラダに良い働きをする善玉菌と、
健康を阻害する作用のある悪玉菌、その時に勢力が強いほうへとなびく日和菌があります。もちろん善玉菌は多いほうが良いですが、
大切なのは両者がバランスよく共存することです。
善玉菌となる乳酸菌は、悪玉菌の増殖や定着を防ぎ、
有害物質を吸着して体外への排出をしっかりとサポート!
腸内細菌のバランスを整えてくれる役目を持っているのです。
そんな機能があることから、乳酸菌は健康に良い影響を与える微生物、
「プロバイオティクス」として注目が集まっています。

  • ビフィズス菌
  • フェーカリス菌
  • アシドフィルス菌
  • ウェルシュ菌
乳酸菌コラム1 乳酸菌が大活躍!?

腸内環境を改善し、健康をサポートしてくれる乳酸菌には、いろんな作用があることが明らかになってきました。
たとえば、免疫の向上、中性脂肪や血中コレステロールの低下。
そして、乳酸菌によって腸内環境のバランスを良好に保つことで、O-157による食中毒などを防ぐ働きもしているのです。
最近では、アレルギー疾患の改善をはじめ、生活習慣病の予防・改善などとの関係についても研究が進み、乳酸菌が持つ力の可能性はますます広がっています。

乳酸菌と便秘改善のメカニズム

乳酸菌で、腸の運動はたちまち活性化!

乳酸菌は、乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸をつくり、
腸内環境を酸性に保ってくれます。実は、この腸内を酸性にすることが
便秘改善のポイント!悪玉菌の増殖を抑制し、大腸に刺激を与えて
腸の運動を活性化させてくれるのです。大腸は1分に2〜3回、
伸縮しながら便を肛門へ送り出す運動を行います。でも、この動きが
低下してしまうと便は移動しにくくなり、便秘状態に…。
便が腸内にとどまる時間が長くなるほど悪玉菌も増え、
腸内環境はますます悪化。便秘も慢性化してしまいます。
こんな悪循環を防ぎ、便秘をすみやかに改善するためにも、
乳酸菌の活躍が腸内には必要なのです。

乳酸菌が便の水分を調整する?

実は、便の大部分は水分でできています!
下痢の場合は90%以上が水分ですが、健康的な便の重量の
約80%は水分です。一方で、便秘になったときの便の水分は
60〜70%ほど。便が腸内に長くとどまっているため、
水分はどんどん吸収されて硬くなり、
排便しにくい状態になってしまいます。その点、
乳酸菌を日頃から摂っていると、ビフィズス菌をはじめとする
善玉菌を増やすことで腸の運動を活性化させる
だけでなく、適度な水分を含んだちょうど良い硬さの便に!
便秘のストレスを軽減し、ストーンと楽に排便できるようになるのです。

乳酸菌は食物繊維が大好き!

便秘改善には食物繊維の摂取が有効ですが、
それには2つの理由があります。
1つは、腸の通過をスムーズにするため。
そしてもう1つは、腸内での乳酸菌の増殖をアシストする
働きがあるためです。食物繊維は消化液で分解されることなく、
腸へ送られてきます。イモ類や豆類、穀類、野菜といった食物繊維が
豊富な食事を続けることで、乳酸菌などの善玉菌が力を発揮でき、
悪玉菌を抑制!腸内環境のバランスも保たれるのです。

乳酸菌コラム2 よく目にするあの食品にも、乳酸菌がいっぱい。

乳酸菌を多く含む食品の代表格と言えばヨーグルト。
でも、実はそれだけではありません!
チーズや納豆、味噌、醤油、漬け物、キムチなど、発酵食品にも
乳酸菌は豊富に含まれているのです。
さらには、日本酒やワインなども乳酸菌の発酵を利用して
つくられていることを知っていましたか?
意外と身近で、馴染みのあるいろんなものに乳酸菌が
含まれていることを、ぜひ覚えておきましょう。