トップページ>子どもの便秘が気になる!

子どもの便秘について 家庭でできる子どもの便秘対策

子どもの便秘について

こんな症状のとき、あなたの子どもは便秘かも!?

  • 排便が1日1回もない!
  • 便がコロコロで硬い!
  • 排便がつらそう!

便秘の原因は、子どもも大人も同じ!

今の日本では、小学生ぐらいの子どもにも便秘がよく見られます。
原因は大人と同様に、運動不足や食物繊維の不足、
お肉の食べ過ぎなどがあり、4〜5日に1度だけ便を
ちびちびと漏らしてしまう「遺糞症(いふんしょう)」も
増えてきました。この症状は便秘が原因によるもので、
腸に溜め込まれた便が漏れ出てしまう状態です。

子どもの腸は伸びてしまうと、便意をもよおしにくい。

腸は伸縮性があるため、便を溜めることができます。
でも子どもの場合、いったん便秘になると腸が伸びきってしまい、
よほど大きな便でなければ便意を感じにくくなり、
ますます便秘になってしまうのです!とにかく溜まった便を出し、
伸びてしまった腸を元のサイズまで縮めないと、
便意もなかなか回復できないでしょう。

やっぱり子どもは、和式トイレが苦手!

子どもが便秘になる原因として、もう1つ挙げられるのが
トイレ環境です。家庭などでは洋式便座が普及していますが、
学校では腰を浮かせてする和式がほとんど。
和式に慣れていない現代の子どもたちにとっては、
中腰を保つだけでも体力を消費するため、ますます出しにくくなってしまいます!しかも、恥ずかしいという羞恥心も生まれ、
ついつい排便をガマンすることで便秘がちになってしまうのです。

小さなストレスも、便秘の発端に!

子どもは、排便行為と関係のない小さなストレスでさえ、
便秘の原因となってしまいます。実は、ストレス状態が続くと
自律神経に影響を与え、腸がうまく働かなくなってしまうのです!
たとえば、子どもに対してガミガミと叱ってしまうこともそう。
子どもは何事にも敏感なので、なるべくストレスを与えないように
心がけましょう!


アゴの発達・腸内環境・便秘は、関係する!?

今、アゴの発達していない子どもが多いと言われています。それは、スナック菓子や菓子パンなどのやわらかい食べ物ばかりを食べ、いろいろな栄養素を含む食事をしていないことが原因とされています。やわらかい食べ物は特に噛む回数も少なくなる上、食物繊維もあまり含まれていません。栄養がどんどん偏ることで腸内環境のバランスもとれなくなり、便秘になりやすくなってしまうのです。


家庭でできる子どもの便秘対策

生活習慣を見直して、適度な運動を!

子どもが便秘になったときは、大人と同様に生活習慣を改善することが大切です。睡眠時間をしっかりととらせて、乳酸菌や食物繊維を含むバランスの良い食事をつくってあげましょう。くれぐれも朝食抜きは禁物です!また、学校などで走り回っているかもしれませんが、座って遊ぶ子どもが増えているのも事実。
もし親から見て運動不足だと感じるようであれば、適度な運動をさせてあげてください。このとき、親子一緒にカラダを動かすとコミュニケーションも育めるので一石二鳥です!

排便へのイヤな意識は、水に流して!

便をガマンしがちな子どもには、トイレへ行くことのハードルを下げてあげることも必要です。子どもは何か怖い経験やツライ経験をしたとき、大人よりも強い不安感を抱きます。たとえば、家庭や学校で排便のときにイヤな思いをしていたなら、その思いを取り除いてあげることも親の役目。排便は恥ずかしいことでも汚いことでもなく、誰にとっても当たり前の行為であることを教えてあげましょう。

便秘期間をしっかりとチェック!

子どもの便秘がどれだけ続いているのか、知っておくことはとても重要です。そのためにも、普段から排便状況や便の状態をチェックしておくこと!最低でも2〜3日に1回は排便しているかどうかを確認しましょう。万が一、5日以上も便秘が続いているようなら、
医療機関での診察と相談を!

朝ごはんが、便秘解消のカギを握る!?

朝ごはんは、便秘解消はもちろん、健康なカラダづくりには欠かせないものです。たとえば、朝ごはんをしっかり食べようと思えば、
早く寝て、余裕をもって起床しなければいけません。
朝ごはんを食べることで腸の動きが活性化され、便意をもよおし、排便もスムーズになります。また、朝ごはんを食べると、
その日のうちに2回目の排便をする人もいるほど。この朝ごはんを中心とした生活リズムが、便秘解消と健康につながる理由なのです!